利用者向け情報

開発者向け情報

Maven リポジトリ

SeasarプロジェクトのJavaで書かれたプロダクトは、Mavenと連携して利用することもできます。すべてのJavaで書かれたプロダクトがMaven リポジトリに対応しているわけではないため、リリースされたプロダクトを使いたい場合は Release Repository を、開発中のバージョンを使いたい場合 はSnapshot Repository をご確認の上ご利用ください。

Release Repository

  • Maven 1.x用リポジトリ: maven
  • Maven 2.x用リポジトリ: maven2

Snapshot Repository

pom.xmlの書き方の例

Mavenと連携して利用する場合の pom.xml の書き方について紹介します。初めてMavenを使う方の場合、どのように pom.xml を書けば良いか判らず難しいと感じるかもしれません。そのような場合は、別の誰かが書かれた pom.xml を参考にすると良いかもしれません。

  • SAStruts Portletでの利用例
  • Cubby Showcaseでの利用例
  • 注意

    <distributionManagement /> に書くrepository定義は、Seasarコミッタが成果物をデプロイするための設定です。プロダクト利用者は、<repositories /> にrepository定義を追加するだけで良いです。

    テンプレート

    pom.xml の簡単なテンプレートは次のとおりです。

    <project>
      ... 他の設定 ...
    
      <repositories>
        ... 他のリポジトリ設定 ...
        <repository>
          <id>maven.seasar.org</id>
          <name>The Seasar Foundation Maven Repository</name>
          <url>http://maven.seasar.org/maven2</url>
          <snapshots>
            <enabled>false</enabled>
          </snapshots>
        </repository>
        <repository>
          <id>maven-snapshot.seasar.org</id>
          <name>The Seasar Foundation Maven Snapshot Repository</name>
          <url>http://maven.seasar.org/maven2-snapshot</url>
          <releases>
            <enabled>false</enabled>
          </releases>
          <snapshots>
            <enabled>true</enabled>
            <updatePolicy>always</updatePolicy>
          </snapshots>
        </repository>
        ... 他のリポジトリ設定 ...
      </repositories>
    
      <dependencies>
        ... 他の依存ライブラリ設定 ...
        <dependency>
          <groupId>org.seasar.container</groupId>
          <artifactId>s2-framework</artifactId>
          <version>使用したいバージョン(例: 2.4.46)</version>
        </dependency>
        <dependency>
          <groupId>org.seasar.container</groupId>
          <artifactId>s2-extension</artifactId>
          <version>使用したいバージョン(例: 2.4.46)</version>
        </dependency>
        <dependency>
          <groupId>org.seasar.container</groupId>
          <artifactId>s2-tiger</artifactId>
          <version>使用したいバージョン(例: 2.4.46)</version>
        </dependency>
        ... 他の依存ライブラリ設定 ...
      </dependencies>
    
    </project>